特許費用について

アーカイブ

特許のメリットはどこにあるのか

高い費用を支払ってでも取得する特許。
特許のメリットはあるのでしょうか。

特許の活用方法

特許を取得してからの活用方法は色々とあります。特許を利用して自分の会社の製品を作って販売することも可能です。また自社事業では使用せずに特許権を販売してそれで利益を出す方法もあります。自社事業展開はなくても、権利を売らずに他社にライセンス契約をしてもらってライセンス料で利益を得る方法もあります。これらが基本的な特許取得後の活用方法でありメリットです。

中小企業の場合は

中小企業においては1製品作って1特許を取得して販売するというケースが一般的です。
hytyjt
特許はアイディアの段階でも特許を取得することができるので特許権として販売して利益を上げることもしているかもしれません。メリットとしてはアイディアを特許にして権利を上手に活用すれば、さらに次の収入源に繋げることができる可能性は十分に考えられると言えるでしょう。

様々な特許を持っていれば

個人では特許は趣味や一発当ててという考えが強いかもしれませんが、会社の場合は違います。特許を色々と所有していることでそれが技術力の評価につながることもありますし、会社の評価として一つの指標として扱われることもあるでしょう。ですから、特許を出願して権利化するためには費用がかなりかかってしまいますが、それでも価値のあると思える案件でしたら特許を取得したほうがいいということになります。価値がないのであれば取得しないほうがいいかもしれません。
特許を取得するメリットは色々とあります。高額を支払いますので、特許を取得するメリットがなければ困りますが、高額に見合ったメリットが得られるのかをよく考えて申請するといいでしょう。
特許取得はかなり費用がかかります。
高額な費用を支払ってでも特許を取得するメリットはあるのでしょうか。

費用が高いがそれなりの効果はある?

特許を取得する場合、大半の人は自力で取得せずに、ほとんど特許事務所に依頼して手続きを進めてもらうことになるでしょう。そうなれば、特許出願や権利化に必要な費用は100万円をくだらないこともあるようです。自力でなら最低限の経費で済みますので20万円あればできるのですが、なかなか自力では難しいようです。ですから100万円近いお金を支払って特許を取得するわけです。それなりのメリットがなければ行う意味がないでしょう。

ほかの会社に技術を真似されないメリット

ykylyf
会社の場合は、特許や実用新案を取得した技術を自社だけで独占的に使用することで、他社には真似できない製品を製造したり販売したりすることができます。その市場においては、ライバルがいない状態を作ることができることがメリットです。そしてライセンス料を得ることも可能です。特許、実用新案を取った技術などは他社にライセンスとして提供すればライセンス料をもらうことができるために、それで利益を上げることもできます。

ライセンスを受けやすくなるメリット

ライセンスを提供するだけではありません。他社からのライセンスが受けやすくなるメリットもあります。自社で特許を取得して提供していれば、他社の特許のライセンス契約もスムーズに受けられるのです。これはクロスライセンスと言われています。クロスライセンスをすればお互いライセンス料を支払わずに特許技術を使用しあえるというメリットがあります。
このように高い費用の支払いをして特許を取得することに対してのメリットはあります。
■参考サイト:特許出願・費用について-海特許事務所-【http://kaipatent.jp/】

更新情報

2016-01-22
特許のメリットはどこにあるのかの情報を更新しました。
2015-10-07
特許取得の流れの発明についての情報を更新しました。
2015-10-07
特許庁に支払う費用の実用新案の場合の情報を更新しました。
2015-09-30
企業概要の情報を更新しました。
2015-09-30
特許費用を抑えるためにできることはある?の情報を更新しました。
ページ上に戻る